訪問看護について ABOUT

訪問看護について

ご家庭での、その人らしい豊かで多様な生活を応援します。

私たちは「その人らしい豊かで多様な生活を応援する」を理念としています。利用者さんの生活の場であるご家庭に定期的に訪問し、看護師・作業療法士の視点から病状や障害を見守り、支援していきます。医師や地域の関係機関と連携をとり、利用者さんが地域で豊かに暮らせるようサポートいたします。また在宅で介護する家族の方の応援団としてお手伝い出来たらと考えています。

円グループの特徴

NPO法人 多摩在宅支援センター 円と連携し、医療と福祉の連携を重視した多職種チームによる包括的な地域支援を提供できることが特徴です。

私たちが大切にしていること

  • その人のあり方を中心に据えた支援
  • その人の長所、能力を伸ばそうとする支援
  • その人の希望、目標、夢、社会参加への支援
  • 地域の社会資源との連携、地域ネットワーク多摩(国分寺市・立川市・府中市・国立市)に参加し、重度の精神障害のある方を積極的に支援

サービスの流れ

訪問看護とは

主治医の指示書に基づき、看護師等が在宅に訪問して療養生活の支援を行うサービスです。

当ステーションをご利用できる方

•障害がある方で、精神疾患のある方
•疾患および負傷により在宅で療養中の方
•医師により、症状が安定し、在宅にて継続的な療養が必要であると認めた方
•合併症のある方
•寝たきりの方、認知症の方
などいずれかの方

看護サービスの内容

•在宅での病状・障害の観察
•精神疾患(統合失調症・うつ病・ひきこもり等)の方の心理的ケア・服薬管理・コミュニケーション援助
•主治医の指示による医療処置(床ずれなど)、医療機器などの管理や操作の援助(カテーテルなど)
•療養生活の支援(栄養管理、清潔・排泄ケアなど)
•ターミナルケア
•リハビリテーション(手足の関節の運動、日常生活動作の訓練、マッサージなどの処置や訓練)
•慢性疾患の病状管理(糖尿病や精神疾患など)介護する家族へのアドバイス、家族休息のための関わり、病状理解のための相談

サービスの仕組み

  • 01 希望者がかかりつけの医師に相談

  • 02 医師がステーションに指示書を提出

  • 03 訪問看護の開始

  • 04 利用者がステーションに料金を支払う

  • 05 スタッフが症状の経過を医師に報告

マンガで分かる訪問看護

訪問看護を利用してみよう

訪問看護を利用してみよう(家族編)

TOPへ戻る